働き方がコントロールできる「ケアマネ」

労働時間をコントロールしやすいケアマネの仕事

仕事内容や働き方について

介護サービスが円滑に提供できるようにケアプランを作成し、各機関との連携や調整を行うケアマネの仕事内容について詳しく紹介していきます。ケアマネの主な勤務先は居宅介護支援事業所や老人ホームなどの介護施設、地域包括ケアセンターなどですが、施設によって仕事内容が異なり、労働時間にも差があります。ケアプランを作成したり、各機関と調整したりといった基本的な仕事は同じですが、小さな施設はケアマネの仕事以外に介護業務や事務作業を行ったり、シフトに夜勤が組み込まれたりなど、働き方は異なります。

やりがいと魅力がたくさん

ケアマネは事務作業が多くなるため、介護職のやりがいがあまり感じられないと思うかもしれません。ですが、ケアマネは介護サービスが円滑に提供されるために、利用者やご家族と直接相談してケアプランを作成していくので頼りにされることが多い仕事です。また、各機関と連携しながら作成したケアプランで利用者が良くなっていく姿を見て喜びをダイレクトに感じることができます。さらに、ケアマネは自分でスケジュールを立て働き方をコントロールすることができるなど、ケアマネだからこそ感じられるやりがいもたくさんあります。

ケアマネになるにはどうしたらいいの?

ケアマネとして働くためには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格しなければなりません。ケアマネジャー試験とも呼ばれるこの試験は合格率が低く難易度が高いため、しっかりと勉強しておかなければ突破することは難しいでしょう。通学や通信教育などで勉強するのが確実ですが、働いていると勉強のために時間を割くことは難しいため、参考書などを利用して自力ですすめていくしかありません。ケアマネジャー試験の勉強に活用できる参考書も一緒に紹介しておくのでぜひチェックしてみてください。

ページトップ

Copyright (C) 2018 ケアマネとして働きたい! All Rights Reserved.